GTX


次回GTXの秘密、あなたの知らない世界
みたいな事を書きましたが
ちょっと照れました
仰々しく書きすぎで、ちょっと反省……。

秘密でもなんでもないのですが
要は世界88ヶ国で生産している
大メーカー製のオイルということは
生産量が世界一

皆さん知っていると思いますが
1Lより4L、4Lより更に20L
200Lドラム
ローリーで購入

購入時にオイルの量が多ければ多いほど安いことを
知っていると思います。
少なく購入するほうが高いのも
皆さん知っているはず
エンジンオイルに限らず、食品もそうですが

GTXは量販店で一番安い商品の1つですが

一般向けとは別にメーカー純正品としても
流通しておりますので
想像を絶する流通量が大量に消費されていますので
あの値段が可能なのです。
値段は安いのですが、安物では無いということ

一般向け用のGTXは
カー量販店、ホームセンター、他へ。

国産ディラー、外車ディラー等へは
OEM品として、名を替え
純正品として提供しているわけです

T社、Y社、A社、V社、P社、B社(注※1)
他にも聞きましたが……
忘れました。汗

超ハイコストパフォーマンスオイルなことは
間違いありません
ところがモエレでは全く売れなくなってしまい
皆さん呪文のようにC3、C3と
唱えられますんで
C3ばかり出ます。
一度の支払いは大きいのですが、10,000km走行可能なので
年間のランニングコストが抑えられ
逆にGTXより安い逆転状態に

・アクセルの踏みが減った
・燃費が良くなった
・エンジンがスムーズ
・エンジン音が静かに
・年間のランニングコストが下がった

こう書くと、オカルトめいてきますが
実際に
当初半信半疑だったオーナーさんから
どうよ?と聞くと
このような言葉が返ってきます
もっと早く知っていれば、なんてことも
言っている方も居ました

ちなみにXF-08も、同じ理由で
とてもよいオイルです

それでは

注※1 T社TO〇〇TA、Y社YANA〇〇、A社AUD○
このように当てはめて、予想してください