整備情報


DSC_0259
SUツインキャブの調整です
いざボンネットフードを開け
キャブ付近を見るに、「うーん」
SUキャブのダッシュポット(ダンパーピストン)を開け
抜いてみると、引っ掛かりがあり
スムーズに動かない状態に……。
「コレ調子悪かったしょ」と問うと
◯ちゃん曰く
「一年以上まえにやってもらった以来かな?」とのこと
それも「最後にやってもらったの川岸さんにだよ。」って
あら?そうなの?
前職場を退職して、約一年経ちますんで
自分でメンテしたこと、すっかり忘れていました。
ごめんね◯ちゃん。
ちゅうか、
言われてから、ミョーに感心してしまいました。
多分だましだまし、なんとか乗っていたのだなと。
さすがミニ海苔、違った。乗りだ。

ジェットホルダーの位置は、左右とも
ほぼ同じ高さ、ノギスで測る必要もないくらいです。

DSC_0257
左右ともダッシュポッドを外し、灯油で洗浄
水で洗い流します。

ダッシュポット本体と、キャブ本体カバー側に
傷とか、変な引っかかりがないか
ダッシュポッドがスムーズに上下するか
ニードルの曲がり、ジェットの穴が
真円になっているか、等々の点検を済ませてから
SUキャブレーターを組み付けます。
組み付け後、ダンパーオイルを充填し
ひとまずエンジンスタート、水温が安定したら
点火タイミングを点検
まずは
左右のキャブバランスを、吸気音で判断します。
ヒーターホースとか、聴診器等で音を聞きます
念のため、小さな点検ガラスミラーで
左右ダッシュポッドの開き具合を目視で点検
COテスターで排気濃度を測り
これでSUキャブの調整は終了です。

SUツインキャブは、新品でも調子が悪い個体があったりしますが
この車両のSUキャブは、左右の同調も難なく取れ
リンケージにも問題がなく、優秀でした。

ツインキャブに痺れている方は、多いのですが
バランスが崩れ、調子が悪くなっている
車両が沢山あります
調子の良い悪いの判断がつかないツイン(SUキャブ)より
間違いのない
あえてシングルキャブにする方も
居ますが、
ここはオーナーさんの好みで良いと思います

どうですか?と言われれば
自分もやはり「SUシングルキャブ」を勧めますが
どうでしょうかね。


旧車の整備、メンテナンス、修理、キャブレーター修理OH、キャブ調整、ウェーバーキャブOH調整