カテゴリー別アーカイブ: old-mini

遅い速い速い遅い

サーキットネタ連発ですね

自分はサーキット走行一年生なので
偉そうなことを言える立場ではないのですが
そこを加味して呼んで下さいね
色々な反応があり
そこも勉強になるのですが

VITZ云々書いてあったのですが
間違えて記入しましたので
ひとまず削除。
調べ直して後日再UPします
申し訳ない。

今回の十勝表彰式で
各コースタイムが掲載してありましたが
クラシックMINIが一台だけだったので
寂しいなと。

がんばって欲しい

8月


49万キロ走行のクラシックMINIの件が
宙ぶらりんで
その後どーなった?と
思っていらっしゃる方に

事後報告ですが
無事にすべて完了しまして
快調に距離を稼いでおり
順調に走行中
納車の数日後
知床まで行ってきたとか。

エンジンは完璧でしたが
OH作業に入る前から
ミッションに不安があり

まずは分解
部品の計測をして
再使用可能かどうか検討。
ダメな場合は部品屋さんに注文です○×△

当初の予想が的中で
オーナーさんにご迷惑をかけてしまい
申し訳ござんせん。
ごめんなちゃい

1〜4速ギア、ボークリングと重なる
コーン部分が摩耗…。
新品のリングを入れても
残念ながら
ノンシンクロ状態になるため
特に3速から2速にシフトダウン時とか
ギア鳴き(ガリッ!ゴリっ!音)

禁断のボークリングの、葉っぱを
取っちゃうと、イブは女になり
『いや〜ん!!』恥ずかしいという事が
ばれちゃう?
ん?なんの話だっけ?
あっそうそう、取ってはダメで
加工はダメ
新品部品に交換交換。

ちなみに
2速¥25,000−
3速¥32,000−
ボークリング¥3,550−×4=14,200−
1〜4速各ニードルベアリング合計¥7,100−
レイシャフトニードルベアリング合計¥2,300−
デフピニオンブロンズスラストワッシャー¥1,600−
ファイバースラストワッシャー¥1,300−
デフクロスピン¥7,870−
GK類¥2,720−
オイルピックアップOリング¥240−
ミッション部分に関する部品は
これで全てですが
総額¥94,330−(工賃と油脂類、消費税別)


これを高いとみるか安いとみるかは
プロ、アマチュア
一般の方
それぞれの考え方があると思います

自分は
高いと思いません。

なぜならこれで最低でも10年以上の
安心が買えるからです


油膜切れの為ピストントップ側面が溶融、
前日までこの状態で問題なく乗っていました。


洗浄液で洗浄した状態
惜しむべきは
ピストンリングは新品を使用しましたが
ピストンの新品を用意できず
中古品を使用したことです。
今回
使用した中古品の耐久性に問題等あるという意味ではなく
基本は新品を使用するという
MYルールのことです。

例えるなら
オーダー靴のソールが減った為
張替えを依頼したら
少し減っていますが
程度の良い中古のソールで張り替えておきました。
というような
そういう意味で。

申し訳ないことをしたなと
反省しております。

18年半で約49万キロ走行してきた訳ですが
ギア鳴きの心配もなく
この先安心して乗れることになり
めだたしめでたしと
あいなりました。

また次回、それでは。

PFCブレーキパッド

日によっては風が冷たい日もありますが
本日のように曇りでも
走行して気持ちのよい日があったりと
いつもの今時期の天候です

好評をいただいている
PFCブレーキパッド
クラシックミニ用の入荷しました。

ノーマルやスポーツパッド等使用していた方
連休前に交換して
驚きの効きを早く体感しましょう

・10インチ用  コンパウンド11材 定価¥22,000−(税別)
・4ポッド用 コンパウンド13材 定価¥22,000−(税別)

コンパウンド特性はこちらをクリック

品番・7720/11 10インチ純正用
品番・7765/13 4ポッド用

最新価格表はこちらをクリック

ひと月以上

UP出来ませんでした。
申し訳ないです

1人でやっていますと、なかなかPCを起ち上げるのが
なんて言い訳を……。汗

先日アメリカにいる友人から
「クラシックMINIのブレーキセットを買わない?」
えっ?何?
聞いてみると

ミニスポーツ製4ポットアルミキャリパー
ステンメッシュホース
ブレーキローター
これを数セット持っているから
買わないかというもの

これは
待ってました!!

何かというと。
当萌え萌えでは
PFCブレーキパッドを販売していますが
クラシックミニ用のシリーズとして

・10インチ純正用 ○設定有り
・4ポッド用 ○設定有り
・12インチ純正用 ☓設定無し

何故か12インチ純正キャリパー用のが
無いのです。

無いものは設定するしか無いので
輸入できる業者さんに依頼して
と思っていたところに
渡りに船となったのです。

これは金額が確定したら、ここで公開しますんで
ひとまず先延ばしで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PFCブレーキパッドですが
街乗りで強化パッドとは思えないくらい
効きますが
峠やサーキット等で
熱が入れば入るほど効き、更に効きます

注意しなければならないのは
発熱がものすごく半端でないので
今まで使用していたブレーキフルードの性能を
再確認してください。
2年前に交換したからとか
いつも整備してもらっている工場にあるやつを
入れたから大丈夫とか
何を入れたか必ず確認してください
場合によっては
「大変危険です」

時間の経過とともに、吸湿していきますので
一斗缶とかに入っているフルードとか
怖くて使えません
500cc缶とか残ったフルードも
もったいないから使ったとか
駄目です
捨ててくださいね。

各メーカーからブレーキフルードが
多数販売されていますが
値段と性能がイコールでない場合がありますので
よく調べて購入してください。

選択するときの注意点は
ウェット沸点のなるべく高いものを

しつこいですが

ウェット沸点を確認してくださいね。
交換時期も
半年とか1年で「必ず交換です」

本日

厳密に言うと土曜日の夕方
板金工場で出張組み立てが終了
夕方17時に持って帰ってきました
試運転を兼ねて
自走で帰る途中、エンジンが絶不調に
触媒が異常反応
点火プラグ4本中のいずれかの火花が飛ばなくなったのか?

このミニは97年式のモデルのため
同時点火タイプで1つの個体に2個内蔵
そのうちの1つが天に召されたようです
致し方がないので、板金工場にヘルプ
数分後に迎えに来ていただき
この場でお礼を申しあげます。


今回の気になる板金代金ですが
120時間の時間工賃
一時間あたりのレバレート¥6.000~¥8.000
単純計算で¥720.000~¥960,000-
塗装¥25万円
パネル部品代金¥12万円-(定価)
合計¥109万円~¥133万円

高いとみるか、安いとみるかは
貴方次第

オーナーさんは、大満足

エンジン不調の修理と足回りの修理完了後
4か月動かしていないので一通り点検後
納車です

お楽しみに

年末

年末の仕事納め
業務連絡です

正月前に納車予定のミニでしたが
残念ながら諸事情により
間に合わず、年越しに
初荷……。
誠に申し訳ありませんでした。


レストレーションと言っていい、板金修理内容に。
フロント左側過去の事故で、前下りに
グローバルジグシステムの
フレーム修正機で修正後、左フェンダーはピッタリと
納まりました。


ここまでが昨年までです。
画像にありませんが、トランク(ブートリッドパネル)も
同じようにサフェーサーを吹きつけた状態
このあと塗装ブースに移動
塗料を吹き付けします

仕上げのクリアーは入れません。
入れると塗装の強度が上がり固くなりますが
経年劣化でツヤ引けと、深みのある色を求めたいので
あくまでもクリア無しで仕上げます
塗料を5層吹付け後、完成

乾燥後、磨き(ポリッシュ)をすると塗装は完了です
2016年12月28日

板金

先々月に受けた錆板金修理
着々と作業進行中

隣の車両はNEWミニ君
2台並んで板金中


本日午前中は外注先の板金工場で出張作業
ラジエター周りの組み付け他を済ませてきます

先日

久々の投稿です

クラッチASSY交換のオーダーが入りました。
AP品番、3点セット
クラッチディスク、カバー、ベアリング
を注文

届いた部品を組み付け、作業終了。
メールでお客さんから、作業後のレポート
ある回転域になると、振動が出るとのこと
ぬゎに?

遠方の方なので、日を改めて
もう一度開腹手術

フライホイルは交換していませんので
バランスが悪いのは、カバーと判断

物は試しと、バランサーで回してみると
カバーの芯ずれ
なはは

巷では穴を開け、バランスを取るようですが
次回クラッチ交換時に困るので
ウェイトを貼り付けすることにしました。

脱落しないように、貼付け面を脱脂
デブコン(超強力エポキシ接着剤)にてガッチリ接着

これで次回交換時
デブコンごと剥がして(削って)しまえば
すべてまるく納まります

えっバランスはどうやるのって?
ラジコンのヘリコプターのプロペラ、カミソリと水平器で
バランスを取るらしいですが

自分は水平器と、シャフト、ベアリング
クラッチカバーとフライホイル、センター出し工具

これでバッチリですね

部品取り付け屋さんではないので
無いものは作り、ダメなものは修正し
そのまま取り付け出来ないものは
加工する

物事を考えて作業する
これが毎日楽しく仕事ををする秘訣でしょうか

錆と板金

ミニ乗り=錆との戦い

こんな関係
実用的に使用すると、どうしても
切り離せないのが

錆が発生し再起不能になる前に
錆を取り、錆止め剤を塗り
錆びがひどい場合
パネルを替えたりと
いろいろ手を加えます
dsc_0514
今回は左フェンダーが錆がひどく
縦に裂けてしまったので
外装の板金修理依頼です

dsc_0515
ざっくりと
ひとまず左フェンダーを取り外しましたが
フロントのカウル(グリルパネル)と
右フェンダー、追加工事になりました。

さすがに44万キロ走行すると
ボディにも疲労がたまるのですね

dsc_0516
左サイドシルを外し、内側の状況
悪く無いですが
床パネルに腐食がありましたので
そこはパッチ当てで済みそう

dsc_0517
最終的にこの中でペイントします。
ちょっとした工場をまるごと購入できるくらい
高価な
板金屋さん憧れの、塗装ブース。
要は塗装専用の部屋の事で
温度、湿度、換気、等を制御できることで
外気温度に左右されることなく
塗装に最適な環境で、ペイントすることが可能です。

一般顧客以外に
札幌市内600台以上の個人タクシー顧客を持つので
必要にかられて持っているのでしょう
ん?
板金塗装代金高いのでは?と思いのあなた

「逆に値段が安いのですよ!!」仕上がりも綺麗ですし。

スプレーガンで塗料を塗装面に吹き付けますが
「ミスト」と言って、ボディにつかない塗料が
空気中に舞います
換気をきっちり行えないと、ミストが塗装終了面に
乗ることで、塗装の表面がくすみます
そこで
乾燥後、ポリッシャーとコンパウンドで
磨いて艶を出すのです

塗装ブースがあると、その工程を省くことが可能になり
結果工賃が安くなるのです

良いことづくしですね。

550AA

只今整備中の白MINI
本日無事に登録になりました。
インサートしたブレーキはコレ
PFC

dsc_0499

dsc_0498
新品なBローターとPFC
メーカーHP上では、ローター表面に
カーボンの皮膜とか書いていますが
正確には皮膜ではなく、浸炭されます

パッドに含まれるカーボンが
ブレーキを掛けるたび、ローターを浸炭

低温からガツンと効き
ローターとパッドが
うーんと長持ち

サーキット専用の立ち位置に見えますが
0度Cからガツンと効きますので
街乗りもOKな、とんでもないブレーキパッドです

国内MINIの世界では、
某三和〇〇◎◎◎〇のパッドが最高と聞きますが
PFCのブレーキシステムを
知らない方が多いのです

一部のミニ屋さんは、ちゃんと導入していました。

フォーミュラーやGTカーの世界
常勝チームは、自ら購入して導入済みです。
スポンサード(協賛)は一切しておらず
チームマシンには、ステッカー等一切貼り付けも有りません

世界最高なブレーキシステム

それもクラシックミニ用の用意があったのだから
早速導入して、PFCの効きを感じてみたくなったのです

ただし普通のブレーキフルードは使用禁止で
うちは
550AAもしくは
リアクトパフォーマンスのいづれか。

使用環境によっては
ベーパーロックしますので
ブレーキフルードは要注意ですよ

知りたい方はモエレモータースまで
問い合わせしてください。