クラッチハウジング分解


走行中異音がするとのことで、修理依頼です。
オーナーさんに状況動画を撮ってもらい、見てみると
クラッチハウジング側付近から、
けっこう派手なガラガラ音がしており
覗いてみると
センターナット付近(通称デカ(大きな)ナット)から
異音と共に、妙な動きをしています。

不具合場所の検討をつけ、まずは分解。
クラッチハウジングの
8本のボルトを抜き、クラッチオペレーティングを外し
順番に分解、エンジンマウントとサブフレームの固定ナットを外すと
ハウジングが外れます。

クラッチレリーズチベアリング、プランジャー、ハウジング
ベアリングとプランジャーの嵌め合いが、ゆるくなっており
ベアリング側の穴が広がっているのと
ハウジング側、プランジャー差し込み部分穴も
広がっているので、交換が必要です

中古のハウジングとプランジャーを引っ張りだして
既存の品と、中古品を組み合わせて
プランジャーを抜き差しして比べてみると
レリーズベアリングは、部品商にオーダー
ハウジングは交換、プランジャーはまだ行けそうと踏み
部品がやってくるまで、ひとまずこのままの状態で
預かることになりました。