リアドライブシャフトインナーB左右交換


車両はスズキSWIFT、年式は確認しませんでした
4WDなので、リアにドライブシャフトがあり
車検前整備、ブーツ交換依頼にて来店

早速点検してみたところ、車高の落としすぎにより
ドライブシャフトが車体外側に向け、首吊り状態です
メーカー設計外の角度になっており
角度が付き過ぎで、ブーツが想定以上に開き
パックリと切れたのでしょうか
グリスの飛び散りが少ないので
あまりグリスが入っていないのでしょうか?
いづれにしても
車高の下げ過ぎによる弊害なのは
明らか

ブーツバンドの形状、ブーツの状態から
新車から一度も交換していなかった?のでしょうか
p1
自分が整備するのは、
はじめての車種でしたが、難なく終了
最初は確認しながらの作業でしたので、30分位
反対側は
慣れたので15分位で完了しました。
スズキのSWIFT、リアインナーブーツ交換は
とても作業しやすい車両なんだなと
思いましたよ。

この車種はリアデフ、ドライブシャフトの
ポッドジョイントから
異音等の持病があり
新車で購入した方で、購入後すぐに
リアデフの不具合で、交換修理をした方など
色々あったようです
軽自動車屋さんからの脱却を狙い
世界に向けて、スズキが力を入れた車種なので
完成度が高く、作業終了時
納車とテスト走行を兼ね、試運転してみましたが
車高が正規の高さでは無いので
本来の乗り味では無いのと
高速道路を走行してみないと
判りませんが
一般道での乗り味は
良好なフィーリングに思えました