エンジンOHの仮話


今回のネタは、RX-7(FD3S)のエンジン修理はいくらになるか
検証してみました。
img031
FD3Sは、1991年から製造販売されており
最終モデルは2002年
一番古くても25年〜最終で14年と、すっかり旧車の
仲間入りしています。
街中で見ることも、まれな存在になっています。
たまに散歩で走行すると、高校生や中学生、小学生に
ガン見されます。
まあそれはさておき
走行距離も10万キロ超えは、当然で
この車両を所有しているオーナーさん全てにおいて、
エンジンの寿命が気になる訳です

実はマツダ本社では、新品エンジン、リビルトエンジンの
用意があり、各店舗で入手可能

・新品エンジン¥58万位 半年〜1年保証付き(入手店舗による)
・リビルトエンジン ¥48万位 3〜6ヶ月保証(圧縮測定表付き)

ここでOH(修理工場にて)すると
いくらになるか?
・OH工賃 25万
・脱着工賃 12万
・交換部品 0〜20万
交換部品が、0ということは無いとは思います
仮に15万として

暫定で25+12+15=52万
分解すると追加は必ずありますので
仮に55万とします。

必要最低限で、55万円
安いと見るか高いと見るか、微妙です。
もしハウジングに水食い等で、腐食していたりすると
ハウジング交換、
その影響で、ローターハウジング交換と
次々に部品が必要になり、うなぎ登りに
分解後に、驚愕の見積もり金額になって
大蔵省の決済が下りず、最悪廃車なんてことにも
なりかねません。
OH料金は必ずしもそうなるとは言えませんが
当たらずも遠からずと言った具合で
メーカー製新品エンジンに、限りなく近づきます

メーカー製新品エンジンは、全て新品保証付き
リビルトエンジンは、ほぼ新品保証付き
OHエンジンは、保証をつけている所は
ほとんど無いでしょうから

プライベーターが自分でOHする場合は別として
世間一般の7オーナーさんが
エンジン修理をする場合
メーカー製のエンジンが、1番安く納まり
その後20年は、安心してイベントや
ドライブ等乗り続けることが可能なのです

※ 追記 7・14
知り合いで、ロータリー系の御仁がいますが
その人いわく
「ダメかもよ」とのご指摘
ん?なんで?と思い聞いてみると
新品、リビルト
過去に3機導入したとか
ハウジングから水漏れ
ポートにバリ
他にも何か事件が

保証云々で、送り返すことに
ところが
交換して戻ってきたのも、また不具合とか
送付だの、戻ってくるまでのあいだ
その間、何も出来ずにリフトに上げっぱなし
「これはだめだ、話にならない」となり
自分でやり変えたか
3機とも、空振り三振でアウトだったとか
言っておりました。

要は自分でOHをしなさいと言うことですかね。

img032