カテゴリー別アーカイブ: その他

CDC6shRNA

この意味の判らない数字の羅列は何?

最新の遺伝子治療薬の名前だそうです
今まではがん細胞を殺す、切る
のいづれかでした

これはがん細胞を、元の正常な細胞に変え
がんの無限増殖をブロック
がん細胞を消滅させる事を目的とした
治療薬だそうです

副作用もほぼない様で
末期がんの患者さんも、それで完治したとか
驚きの事実です

治療のために入院の必要はなく
3時間ぐらいの点滴で、
回数は週に1〜2回、一ヶ月4回〜8回の治療
それを3ヶ月から6ヶ月で終了

先進医療ですので
任意保険適用になるかどうかは
加入している保険によります

病院関係のお客さんから
「投薬で癌が治る」
そのようなものが在るのではないかと
ささやかれていました
今のところ対象は
「乳がんと、スキルス胃がん」に
限られますが
いずれ対象が広がって、全てのガンに
対応可能になる日が来るでしょうから
期待したいですね

世の中すさんでいるんで
人を信用出来ないとか、自分がそうだから
人もそうだと思う人とか
あてにならない噂を本気で信用する人とか
簡単に人を殺めてしまったりとか
色々うんざりすることばかり
久々に自分の中では、ちょっと嬉しい出来事
情報でした。

詳細はネットで「CDC6shRNA」と検索してください

先日の車両はコレ

新型ロードスターでした。
820G2225

初めて現車を間近に見せてもらいました
ボディ剛性が高そうな構造
サイドシル(ステップ)付近が、見るからに厚く
エンジンルーム、エンジンマウントを支える
左右のメンバーあたりも、太くなっており
必要がなくらいな剛性が出ているのか、ストラットタワーバーが
付いていなかった様な(見逃しかな?)
リアサスは確認しませんでした
床フロアーはフラットでしょうか?

運転席助手席のすぐ後ろのスペースに、幌を収納する構造のため
トランクのスペースが若干小さいかな

ん〜ゴルフバック2個入らないかも?

オープンカー、実用的でないこの車両にあえて乗る
単純に運転を楽しむ車で
完全に趣味が入ります。

乗ってつまらない車があまりにも多いこの時代
特に燃費を全面に打ち出しているので
推奨エンジンオイルも、0W−20とかを使用するので
エンジンの耐久性に問題があり
ピストンリングも低フリクションを狙い、導入
新車から半年点検時に、エンジンオイルがレベルゲージに
付かない位減っていたりとか
あり得ないことばかり起きているようです
それ以外にも全てに問題がありで
保証期間中は無償で修理して頂けるので
良いのですが
3年もしくは5年後には、ドドーンと入替えを狙った
耐久設計ですので
購入して10年の話は、過去の事

入替え時期が早いのであれば

燃費が良くても、意味が無い
ただ単に踊らされているだけなのです
ひとりで気持ちよくなっているだけ
エコという新ブランドなのです

うちはプリウスを3台入替えたよ
って!
これどう思います?

「財布にエコじゃない」

あまりにも車が自動で色々やってくれるので
街中で運転していると気づきますが
運転に集中していない方が
あまりに多く
車両側でも運転を楽にサポート
AT、衝突防止、アイサイト、フライバイステアリング?
自動縦列駐車などなど
運転技術が未熟になるようなものばかりで
やりすぎと思います

運転の楽しさを知っている人がいる
それを解っている
メーカーも在るのも確かで
そのような車両が
ほんの少しだけあるのも確かです

構造がシンプルで単純
余計なものが一切なく、仕事で毎日使うものですから
直しやすく、市場に大量に出回っており
中古も大量にあるので
解体屋にもたくさんあり
電気ものがほとんど付いていない

トヨタ以外の、2車種

えっ?何

ボンゴとファミリアバンっすよ。
世の中マツダだらけでした。

マツダノマワシモノデハアリマセン、アシカラズ。

プレゼント中のタンクエプロン

順調に配っております
皆様ご来店、誠にありがとうございます。

本日来店でミニ以外の1台

街中であまり見かけない車両が来店
実車は自分も初めて遭遇しました
この画像で判った方は
とても鋭いっす
820G2224
さてさて、どこのメーカー製
なんという車両でしょうか?

本題は、そこではなく
タンクエプロンでした

FUELタンク蓋を閉めると、
タンクエプロンが見えなくなっちゃいますが
ご本人さんは、至ってご満悦
「かわいい」と言っていました
確かに、そーかも。

白のボディカラーに革の濃いキャメルカラーが
映えています

ヒントは1.5Lの2シーター、とまで伝えておきます
さー、当ててみてください

なんでっしゃろ?

手稲区あけぼの珈琲豆屋さん

ガレージ時代からのお客さんです
珈琲豆職人の加藤さん
手稲区あけぼので営んでいます
山口の免許センターからすぐの場所へ
以前のところを引っ越し
素敵な店舗付き住宅を、2010年に建てました
のぞきにおいでと、誘われており
行こう行こうと、今の今まで
のびのびになっておりましたのと
この度挨拶を兼ね、先日伺ってきました

優先順位は人によって変わりますが
自分的には、車庫兼店舗兼住宅
でしょうか?

5号線小樽方向に向け、手稲本町消防署を過ぎ、ベントスをの次を
あけぼの通りに入るべく
昔のニチイを曲がり、JR高架を降りて行きますと
左手に小林製麺の大きな看板
そこを左折、200mくらい進んで、更に左折
大きなマンションの向かいにあります
下手稲通方面からは、免許センターへ北に向かい
手前のセブンイレブンを左折、道なりに直進すると
小林製麺
そこを右折、200mくらい進んで、更に左折
大きなマンションの向かいにあります

到着しての感想は「ここだけ違う空気が流れている」
そんな雰囲気の佇まいで、ただならぬ雰囲気が
それも相当な趣味が入っているのでは?
やっちゃいました感が、プンプンと
いや〜素敵すぎます。
zenkei2
店の前には、見覚えのあるMK1仕様のミニが
ちょこんと待っています
かわいいグリーン(アイスグリーン)かな
御本人さん曰く「配達用のミニだよ」と言っていました。
店主の持ち物でした
車庫と芝生、外のミニ
素敵すぎです

車庫内には、ミニのMK1クーパーと
MG-BのMK1が鎮座していました。
そちらも看板を掲げたら
商売できそうな、感じでしたが……。

DSC_0326
工房内には、巨大なロースターマシンが鎮座!!

DSC_0327
機械は好きなので、いろんな珈琲豆屋さんに行き
ロースターマシンを見てきました
質問してみると
一度に出来る量は、2kgとか5kg位だったような気がします
ここまで大きい物は、見たことが有りません
12kgとか15kgとか、一度に煎る(炒る?)事が可能だそうです
富士ローヤル製、1976年式!!(驚き)
ミニで言う、MK3の時代のマシンです
メンテナンスは、ご本人さんが行なっているらしく
状態は、とても良さそうでした。

一般小売とは別に業販をしていますので
大きな機械が必要なのでしょう

DSC_0328
帰宅後早速いただきました。

オリジナルブレンドを購入
鮮度が高く、お湯を注ぐと
面白いくらいに
ドリッパーから、こぼれ落ちるんじゃないの
というくらい
半端でない泡の立ち方をします

香り味と共に、自分には丁度よく
とても美味しい
この日は、立て続けに2杯頂きました

また買いに立ち寄りますね!!
ごちそうさまです。

自家焙煎工房 珈豆(カトウ)

HP http://w01.tp1.jp/~a172110582/

〒006-0832
札幌市手稲区曙2条3丁目5-33
【リーセント曙(マンション)西側駐車場向い】
TEL/FAX:011-695-1964
焙煎士 加藤 裕一(焙煎歴:28年)

喫茶は行なっておりません。

定休日:水曜日(日曜日:不定休)
営業:9:00頃~暗くなる迄
冬季/18:30頃~夏季/20:00頃