カテゴリー別アーカイブ: old-mini

一昨日は凄い雨でした

道南に引き取りに行ったのも、早めに伺い
大正解
次の日大雨でしたから、それが当日であったら
帰りは、うーんと遅くなったのかも知れません

前回の引取分、まだ片付いておらず
あちらこちらへ撒菱(まきびし)状態
820G2269

ひとまずサブフレーム付き、足回り付きの
エンジンASSYを
エンジンと足回り、フレームに分離し
解体ショー
DSC_0375

DSC_0378
まだ中に入れられずに、シートに包んで
屋根を掛け
放置プレー続行中のものもあり
早めに何とかせねば……。

基本はミニはクジラと同じで、捨てる所が有りません。
大事に使わせて頂きます。

今月に入ってから

あちらこちらから、お呼ばれしております。
出入りしておりますので
モエレモータースに御用の方は、お電話下さいませ。

先週は道央方面、今週は道南方面
冠二郎の唄のようです。
「ながれ〜流れて♫
今日は函館、あしたは釧路♫」 てな感じです。

先日の獲物はコレ
1471473529
厳密に言うと、この内の1台を起こしたい
車検取得と登録依頼を受けました
ついでに部品を頂きに伺ったというわけです

いつものKSレンタルから、4tユニック付きトラックを借りて
オーナーさん宅に直行

一度で2台の予定が、無理なことが発覚
4往復となり、朝から夕方まで
1日トラックドライバーに。

当初ユニック用の釣り金具と聞き、えー!!?◎△◇と
思いましたが
ボディに全く問題無く、ちょっと感動しました
長めのベルトを使用する事により
ルーフ、特に雨ドイに負担がかからず
結果全く問題なく釣れるのです。
received_309851646026814
長めのラッシングベルトと吊り金具を使い、荷台に載せる。
ふーむ
こういうやり方もあるのかと。

seiken

正式には、制研科学工業
ブレーキオイル、クーラント、ブレーキ消耗部品の
研究製造をしている会社です

今まで発売された、国産車の消耗部品を
ほぼ網羅しているのでは?と思うくらいな品数を生産しており
英国車のコピーからスタートしている、日産の車両部品と
ミニの部品寸法に、合致する部品がありますので
部品寸法が合えば、使用可能なのです

英国車用のゴム部品は全て品質が悪く
すぐに硬化して、ボロボロになります
新品からそんな状態なものばかりで、使い物になりません

・リアブレーキのホイルシリンダー
・クラッチオペレーティング

特にこの二点は、新品ASSYに交換して
半年くらい経つと、インナーシールがダメで
液漏れを起こします
日本車ではありえませんが、ミニでは常識です

以前はそこまでは酷くなかったように思えますが
札幌の環境の原因なのか、シールの品質低下が原因なのか
定かではありません
シールを組み付けする、グリスをそのままにしておくと
錆びて来るから

”必ずキレイに拭き取って(洗浄もあり)から、
新しいカップグリスを塗り、組み付けしなければダメです”

と過去にガレージで習いました。

それでもシールの材質は変えられないので
ダメなものはダメなのです
せっかくであれば、長持ちするに越したことはないのです
ん?儲からないって?
そんな事はありませんよ

ここから本題
数年前、8年位前だったでしょうか
クラッチオペレーティングのインナーキット交換(OH)をしても
すぐに漏れてくるパターンが多発
シリンダーを新品にしても、漏れるので
おかしいなと?
シールもさることながら、シリンダーの内壁の処理も
問題がありそうな仕上げ(若干粗い)と
これはダメだと

まずはシールから
日本製(seiken製)ないかな?と
電話で直接問い合わせしてみたところ
寸法を知りたいとの返答
これは脈あり、ピストンの図面を書き
seikenに送り、返答を待ち
返ってきた答えは、コレです
img_4
SEIKEN SK44591 7/8

セイケンからの返答を正確に伝えると
ランドクルーザーの5気筒ディーゼル用
インナーキットがありますので
シールを取り外して、ミニのピストンに組み付け
使用して下さい
全く問題なく使用可能ですよ
品番をお知らせしますので、部品商から
取り寄せして下さい

と返答を頂きました。

早速注文、届いた部品を確認してみると
ピストン径と長さが、ミニ用のと同じ?
しかもダストブーツ、スプリング(若干短い)
ガレージの内輪で、そのまま使用可能なのでは?
とか盛り上がり
さっそく組付けテストすると、
全く問題なく使用できる事が判明しました

当時ガレージのHP上で情報を公開しましたので
今では、ミニ用のクラッチインナーシールは
「ランクル用」との認識となりました。

セイケンに
けんもほろろに断れるかなと思いながらの
問い合わせしましたが
しっかりと返答いただき、感動した記憶があります
当時旧車のシール関係、力を入れていたようです
今はどうなんでしょう?
HPにそのページが無くなった様です
ちょっと残念ですが
数少ない車両の部品を製造することは
コストがかかり、割にあわないのでしょうが
seikenの品数をHP上でみると、膨大な数があり
ある意味驚きます
企業努力しているのでしょうが、売れなくなったものは
生産中止しているのでしょうか

ランドローバー、特に軍用車は
生産台数が少なくても、車両が1台でも残っている場合
部品供給をするとのことです
それに近い感じを、seikenに重ねました
ものづくりに力を入れている
数少ない会社のひとつなのでしょうか

※ 書き忘れ追記
新品クラッチOPシリンダーの、粗い仕上げに関しては
ホーニングツールで磨き(砥ぐ)、表面を均し
若干の砥ぎすぎは、シールがカバーしてくれるので
漏れは止まります。

新品を研ぐ(あり得ん)なんて、英国車クォリティっすね。

あからさまな砥ぎすぎは、もちろんダメですよ。
自己責任で。

 

先日

以前エンジンルームから異音するので
観て欲しいとの依頼があり
点検してみると、クラッチプランジャーが
妙な動きと同時に異音がでており

・クラッチハウジング(中古)
・クラッチレリーズベアリング(新品)
・クラッチカバーを押すカップ状の金具(中古)
・クラッチプランジャー(新品)
・クラッチレバー(新品)

ひとまず出来る範囲で交換をしました

クラッチカバーの爪(バネ)の開き具合が
揃っておらず(通常は均等)
そこは確認しておりました。
あとで驚きの事実が……。
1805196806_o_(1)
クラッチカバーの交換が必要と判断するも
注文したクラッチプーラーがまだ届いておらず
ひとまず所定の作業をし、その旨伝えてから納車しました。
それ以前にクラッチの切れと、ペダルの踏みしろが
ほとんど無く
おまけに
エンジンの回り方が、気持ち良〜くないのです
すぅ~っと回らない
妙な振動があり、楽しくないのです。
何となくプラグが1本死んでるような感じとでも
言いましょうか

それが前回までの作業でした。

その後注文していたプーラーが届き、車両を預かり
早速作業開始と行きたかったのですが
クィック作業が次から次へと……。
作業が出来ない状況に

3日間の放置プレーになってしまいました。
申し訳ないです

ひとまず全て片付き、ようやく作業開始と
クラッチハウジングを外して見ると?
あれっ?13720677_990353004417817_1814327284_o

13711671_990353074417810_132455421_o
クラッチカバーが開いている
もしかしてボルトが緩んでいる?

1805196806_o_(2)
なんと6ヶ所中、3ヶ所緩んでいました。
前回分解時、緩んでいる部分が
下側にあったのでしょうか?
前回は全く気付きませんでした
まさかそこが緩んでいるとは、夢にも思っていませんでしたので
クラッチカバーの取り付けボルトの緩みが
例の振動の原因だったようです
勉強の日々ですが

・クラッチカバー
・クラッチディスク
・フライホイル

上記3点を交換

厳密にいうと、クラッチOP(オペレーティング)
インナーシールキットの交換しました
純正OP(新品)を取り付けてありましたが
新品からインナーシールが良くなく
実際に液漏れを起こしておりましたので
若干エアーをかんでいました
これも
クラッチ切れが悪い原因のひとつと、ミッションと
リンケージに良くないので
今回の作業と同時交換

詳細は次回に。

クラッチカバーの取り付けに緩みがあると
エンジンに振動が出るのですね
たいへん勉強になりました。
交換後の試運転は
いつもの1000CCエンジン、快調そのものに
試運転を兼ね、納車に伺い
納めてきました。

部品が到着


三和トレーディングさんから、部品が到着
頼み忘れが、数点あるので
追加しなければ……。

電気回り、足回り、エンジン周り、機構回り、他消耗部品です
純正品のパッケージがなくなり、ほぼ社外品ばかりになりました
ルーカスの緑箱は、点火コイルのみですね
以前リペアシール関係、ロッキードの黄色い箱でしたが
消滅して、デルファイに替わりましたが
それもタイロッドエンド位なもので……。
実は、三和トレーディングオリジナル部品が数点あります
例えばホース関係、ホースジョイント、プラグコード、oリング、等他にもあります。
J-MSAでもオリジナル部品をやっておりますが
いずれにしても、未だにこの様に新品部品入手可能なのは
ありがたいことで
日本車の旧車(新車もか?)は、部品供給がほぼ無いと言われ
維持していくことが、とてもむづかしいとか
日産系、特にハコスカ、Z等は、入手可能な部品があるとか
無いとか?
実はご近所さんにも、ハコスカとグロリアの
2台が生息しており、銭函の御大(ラメが入った、トレーラー)の
知り合いでした。

クラッチハウジング分解

走行中異音がするとのことで、修理依頼です。
オーナーさんに状況動画を撮ってもらい、見てみると
クラッチハウジング側付近から、
けっこう派手なガラガラ音がしており
覗いてみると
センターナット付近(通称デカ(大きな)ナット)から
異音と共に、妙な動きをしています。

不具合場所の検討をつけ、まずは分解。
クラッチハウジングの
8本のボルトを抜き、クラッチオペレーティングを外し
順番に分解、エンジンマウントとサブフレームの固定ナットを外すと
ハウジングが外れます。

クラッチレリーズチベアリング、プランジャー、ハウジング
ベアリングとプランジャーの嵌め合いが、ゆるくなっており
ベアリング側の穴が広がっているのと
ハウジング側、プランジャー差し込み部分穴も
広がっているので、交換が必要です

中古のハウジングとプランジャーを引っ張りだして
既存の品と、中古品を組み合わせて
プランジャーを抜き差しして比べてみると
レリーズベアリングは、部品商にオーダー
ハウジングは交換、プランジャーはまだ行けそうと踏み
部品がやってくるまで、ひとまずこのままの状態で
預かることになりました。

クラシックミニのヒーターOH

ヒーターASSYをOHしました。

40DD9840
今回は、1.3i−96年以降ヒーターASSY
車体から取り外し、まずは分解
ヒーターからクーラント漏れと、モーターからの異音でした。

40DD9841
ヒーターコア本体、ピンホールがあり
クーラントで濡れてベタベタです。

40DD9870
ヒーター本体のインレット、アウトレット
要は、ラジエター液の入り口と出口。
穴が空くくらい腐食しております。

40DD9866純正相当品の新品ヒーターコア、今回はコレを使用します。
品番JFE10005 定価¥17.950−(税別)

40DD9867
ヒーターコアリペアキット 〜2001年 TRKHRK 定価¥5.000−(税別)

40DD9869
三和トレーディング・オリジナル部品です。

40DD9851
バレオ製ヒーターファンモーターユニット。

40DD9850

40DD9852
シロッコファンの内側に、2箇所穴が開いており
その片側にモーターとハウジングを固定している
ネジがありますが、なぜか若干ドライバーの先が
届きません。
組み立て時、どうやって組み付けしたのだろう?

40DD9854
気を取り直して、ドリルで穴を若干広げます。

40DD9855
ようやくネジにドライバーの先が届き
コレで緩めることが可能に。
ちなみにネジの頭は、ポジドライブ
ひとまず、普通の+ドライブでも可能ですよ。

40DD9856
金具とネジを外し、このように引き抜きます。
モーター・ファンとハウジングの下側に
外した四角い金具と、ネジが見えます

40DD9860
問題はハウジング内の、出っ張り
コレを削り取ります。
そうしないと、交換予定のモーターが納まりません
内側に縦に6本あり
画像では3本見えます

40DD9861
この様に削って下さい。
自分はベルトサンダーでガリガリと

40DD9857
デンソー製ヒーターモーター
実はダルマヒーター用(DENSO 純正品番 #016500-0322)の
モーターです。
062500-2341← モーターのみ品番こちら
定価P.O.A

40DD9858
金具をを切り取り、取り去ります。

40DD9859
この様にします

40DD9862平ギボシと、絶縁カバー

40DD9863
この様に施工しますが

40DD9864
配線を伸ばしておいて下さい。

40DD9871
シロッコファンを抜くのが大変ですが
モーターシャフト径が同一なので、抜き差しは
加工なしです。
差し込みすぎると、ファンがハウジング等に
擦りますので、調整して下さい。

途中端折ってしまいまいましたが、全てを組み立て
終了です。